バブル時代のドラマ

バブル時代のドラマ

バブル時期には、とにかくドラマがヒットしていたような気がします。

 

この字のドラマはいわゆる「トレンディードラマ」で、恋愛ドラマなのに見ていても「なんとなく爽やか」「カッコいい」「オシャレ」なドラマばかりだったような気がします。

 

というよりも、そのドラマが放送されることにより、そのドラマの「ファッション」・「場所」・「レストラン」・「ホテル」など全てが、オシャレな場所でカッコいいファッションになったと言ってもいいでしょう。

 

のお時代にはお台場や六本木ヒルズはありませんから、多くのドラマでは「湘南」「葉山」などの海での撮影も多かったですね。

 

演出もとてもポップな感じな物が多くて、恋愛ドラマなのにそんなにドロドロはしていなく、どちらかと言えばラブコメっぽい部分が多かった気がします。
どちらかと言うと、今の韓国ドラマに近かったのかもしれません。

 

特に1990年代のどらまと言えば、まさに「トレンディードラマ全盛期」と言われた時代で、今でいう「月9」の視聴率は現在では考えられないほどだったんですよ。

 

この時代のドラマを見ていた方は、アラフォー世代であり「今のドラマは面白くない」と感じる方も多いのではないでしょか。

 

当時は撮影時に使う「待ち合わせ場所」などの看板もどうどうと映されていて、その企業・場所にとっては良い宣伝になったと言われていましたね。
しかし今「トレンディードラマ」と言う言葉自体が死語ですよね