トレンディードラマの不思議2

トレンディードラマの不思議2

トレンディードラマを見ていて、いつも思っていたことがあります。それは「職業」です。

 

トレンディードラマで設定されている、俳優たちの職業があまりにもカッコよすぎることです。いかにも「バブル期」と言う感じです。

 

「スタイリスト」「ディレクター」「プロデューサー」「コンパニオン」など、普通の会社員はいないのかと思うほどの「カタカナ職業」設定が多いのも、このトレンディードラマの特徴ですよね。

 

そして誰もが外車に乗っていたり、週末になればバーティーをしていたりします。知らない人は「この当時はバブルだから凄かったのね」と思うかもしれません。

 

確かにバブル時期には、確かに羽振りは良かったです。どの企業も「学生さんうちに入社してください」と言う感じで、入社説明会なども温泉でやったりしていた企業もあります。

 

し・か・し!これはあくまでも限られた企業・人のだけの話。普通の一般市民は、今から思えば給料やボーナスは良かったですが、当時の人全員が外車やヨットを持っていたわけではないのです。

 

ですから普通に働いていた人が、こんな贅沢な生活をしていること自体「ありえない」と思えたものです。

 

そして今で言う「合コン」場面でも、場所はプールバーなどのオシャレな場所。

 

そしてビールではなくてシャンパンで乾杯。友達とよく「ありえねぇ〜」と言ったのを覚えています。今から思えば夢のような時代だったんですよね。